存在のない子供たち

中東の貧民窟に生まれたゼインは、両親が出生届を出さなかったため、自分の誕生日も知らないし、法的には社会に存在すらしていない状態でした。学校へ通うこともなく、兄弟たちと路上で物を売るなど、朝から晩まで両親に働かされていました。

唯一の支えだった大切な妹が11歳で強制結婚させられ、怒りと悲しみから家を飛び出したゼインを待っていたのは、さらなる過酷な現実でした。

中東の貧困と移民の問題に、一歩もひるむことなく果敢に挑んだ監督はレバノンで生まれ育ったナディーン・ラバキー。リサーチに3年を費やし、監督が目撃し経験したことを盛り込んでフィクションに仕上げた作品。

第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門審査員賞、エキュメニカル賞受賞

  • 開催日
  • 2020.06.14(日)
  • 開催時間
  • 10:30
    13:10
    15:50
    18:30
    ※4回上映
  • 開催会場
  • 徳島市シビックセンターさくらホール

住所:徳島県徳島市元町1丁目24番地

  • 入場料
  • 会員制
    入会金:1000円
    月会費:1000円
    ※初回は2か月分をお納めください
  • お問い合わせ
  • 徳島でみれない映画をみる会
    TEL:088-631-5847
    FAX:088-631-5848