驥山館所蔵 小坂奇石の名品

長野市にある驥山館は、小坂奇石が父親のように慕い、書家として初めて日本芸術院賞を受賞した川村驥山(かわむら きざん)の作品を紹介する美術館で、親交のあった奇石の作品も多数所蔵されています。今回は、その中から日展や現代書道二十人展、日本書芸院展などの出品作を中心に38点を展示します。このうち25点は徳島初公開です。徳島ではめったに見られない名品を、ぜひご覧ください。

〇7月10日(日)10:30~12:00(要申込)
トーク「驥山館の奇石作品」 川村龍洲(驥山館館長)
【申込方法】郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・年齢・電話番号・「小坂奇石展トーク」希望と明記し、はがき・ファックス・メールのいずれかでお申し込みください。 当館1階受付でも申し込めます(募集人数 先着100人)。
【申込先住所】〒770-0807 徳島市中前川町2-22-1

〇7月3日(日)、7月24日(水)11:00~11:30(申込不要・要観覧券)
展示解説 立石充(当館学芸員)

  • 開催日
  • 2022.06.17(金) 〜 2022.08.03(水)
  • 開催時間
  • 9:30~17:00
    ※休館日 / 月曜日(ただし7月18日は開館、翌日休館)

住所:徳島県徳島市中前川町2丁目22-1

  • 入場料
  • 一般     520円(410円)
    高校・大学生 360円(290円)
    小・中学生  260円(200円)
    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※小・中・高校生は、土・日・祝日、夏休み期間中は無料
    ※65歳以上の方と各障がい者手帳をお持ちの方は半額