明治の翻訳家 井上勤の西洋奇談

明治の翻訳文学は、黒岩涙香、森田思軒、森鴎外、二葉亭四迷、坪内逍遙らによって確立されましたが、そこへ至る流れを作ったのは、嘉永3(1850)年、徳島に生まれた井上勤でした。
ジュール・ヴェルヌ『月世界旅行』『八十日間世界一周』『海底紀行』などを次々に訳して発表。ほかにも「ヴェニスの商人」を『人肉質入裁判』として、「アラビアン・ナイト」を『全世界一大奇書』として訳出し、その奇抜で、清新で、読みやすい翻訳の物語に、多くの読者が夢中になりました。
今日でも広く愛される名作の数々を、日本の翻訳黎明期にいち早く手掛けた井上勤。その生涯と業績を一望します。

〇12月19日(土)14:00~15:30
対談 小谷野敦(作家、比較文学研究者)×  杉田英明(東京大学教授)
※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、中止とさせていただきます。

〇1月24日(日)14:00~15:00
朗読会「アラビアン・ナイト」
朗読/松平定知(京都芸術大学教授、元NHKアナウンサー)
ウード演奏/常味裕司
ダルブッカ演奏/立岩潤三

〇1月31日(日)14:00~15:00
ことのはロビーコンサート
ハープ/青山唯、フルート/木村絵理、ピアノ/米田佳子
※定員に達したため、申し込みは締め切りました。

  • 開催日
  • 2020.12.12(土) 〜 2021.02.11(木)
  • 開催時間
  • 9:30~17:00
    ※休館日 / 月曜日(ただし1/11は開館、翌日休館)、年末年始(12/28~1/4)

住所:徳島県徳島市中前川町2丁目22-1

  • 入場料
  • 一般     520円(410円)
    高校・大学生 360円(290円)
    小・中学生  260円(200円)
    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※小・中・高校生は、土・日・祝日・冬休み期間中は無料
    ※65歳以上の方と各障がい者手帳をお持ちの方は半額